New Books

GIG Tokyo 1978-1987 by Gin Satoh

Underground GIG Tokyo 1978 – 1987
Action Portrait by Gin SATOH

Legendary punk rockers and audience photographs by Gin SATOH
Edited by Tomoya Kumagai (SLOGAN)
Book Designed by Shin Watanabe (PK2)
Translation by Stuart Munro
Publisher: SLOGAN
Language: Japanese & English
Pages: 640p + 12p index catalogue
Sizes: 210×297mm
Price: 35,000JPY + tax (Limited edition w/ originally printed photograph by Gin Satoh), 7,400JPY + tax (Limited standard edition)
ISBN: 978-4-909856-00-5
Bands and Musicians: Friction, The Stalin, G.I.S.M., Keiji Haino, Hanatarash!, Les Rallizes dénudés, Jagatara, Jun Togawa, S-Ken, Execute, Gauze… etc.

伝説の“GIG” ── 大幅増ページ+新編集にて遂に再刊。未発表写真多数!

佐藤ジンによる、既に伝説の一冊となった写真集『GIG』(1986年)。FRICTION、灰野敬二、Boys Boys、Mr.KITE、S-KEN、ザ・スターリン、裸のラリーズ、じゃがたら、G.I.S.M.、Gauze、Mirrors、EP-4、Gastunk、ハナタラシ、AUTO-MOD、グンジョーガクレヨン、The Speed、Fools、戸川純、ZELDA、Comes、The Star Club、ラフィン・ノーズ、アレルギー、東京ロッカーズそしてPASS TOUR……佐藤が追った数々のバンドやミュージシャン達、そして熱いオーディエンスは、彼のレンズと共振作用とぶつかり合いを起こしつつ、摩擦と破壊と再生によるそのエネルギーを永遠のものとした。

いま、もう一度だけ。
この一冊は、歴史であり、ドキュメンタリーであり、そして未来へ贈られる花束である。
様々な物語と伝説に彩られたあの写真集が、未発表写真を多数含む『Underground GIG Tokyo 1978 -1987』として遂に刊行。

著者: 佐藤ジン
編集: 熊谷朋哉(SLOGAN)
ブックデザイン: 渡部伸(PK2)

翻訳: スチュアート・ムンロ

判型 / 頁数: A4・640ページ+別冊インデックスカタログ(12p)付
オリジナルプリントエディション(限定10×3種): ¥35,000+tax
通常限定版: ¥7,400+tax
出版: SLOGAN
ISBN: 978-4-909856-00-5

販売: SLOGAN BOOKSBASEにて6月11日より限定予約先行発売。6月中盤より全国書店、レコード店での発売を予定。

収録ミュージシャン+バンド: FRICTION、灰野敬二、Boys Boys、Mr.KITE、S-KEN、ザ・スターリン、裸のラリーズ、じゃがたら、G.I.S.M.、Gauze、Mirrors、イギー・ポップ、EP-4、Gastunk、ハナタラシ、AUTO-MOD、グンジョーガクレヨン、The Speed、Fools、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン、ニコ、戸川純、ルー・リード、ZELDA、Comes、The Star Club、ラフィン・ノーズ、アレルギー、原爆オナニーズ、非常階段、The Blue Hearts、忌野清志郎+イアン・デューリー……その他多数。

Archive

ACTION PORTRAIT GIG Koenji Edition Photo by Gin SATOH-01

ACTION PORTRAIT: GIG – Koenji Edition – Photo by Gin SATOH

Rockers and Audience portraits in Tokyo 1978 – 1986 Photo by Gin SATOH
Edited by Tomoya Kumagai (SLOGAN)
Book Designed by Shin Watanabe (PK2)
Translation by Stuart Munro
Publisher: Gin SATOH (2017/10/29)
Language: Japanese & English
Pages: 64
Sizes: 14.8 × 21 x 0.8cm

“GIG” ── ロックシティ・高円寺エディション!

多様性を許容する街、高円寺は、古くからロッカーたちが住まう場所であり、そして彼らが自らの表現を作り上げていく場所であった。 1978年、全世界的に勃興したパンクロック・ムーヴメントに触発され、カメラを片手にその最前線に飛び込んだ写真家・佐藤ジンもまた高円寺の住民であった。 フリクション、じゃがたら、ザ・スターリン、ハナタラシ、ラフィン・ノーズ、The Fools、Phew、アレルギー、EP-4、オート・モッド……佐藤ジンが追った数々のバンドやミュージシャン達、そして熱いオーディエンスのエネルギーは、ぶつかり合い、摩擦と破壊と再生を起こし、全く新たな表現と光景を得て、今ではもはや伝説となりつつある写真集『GIG』(1986年刊行)へと結実した。 この秋、そのエッセンスと数多くの未発表写真の数々が、写真展と図録として、高円寺の街の真ん中で、再び新たな命を吹き込まれた。

Can Buy at:
RECORD SHOP BASE (Sold Out)
SLOGAN the SHOP (Sold Out)

EXHIBITION at Up Town Koenji Gallery (2017.10.28 – 11.5)
http://www.utk-g.jp/

ACTION PORTRAIT IGGY POP by Gin SATOH

ACTION PORTRAIT: IGGY POP by Gin SATOH

IGGY POP in Tokyo 1979 – 1994 Photo by Gin SATOH
Edited by Tomoya Kumagai (SLOGAN)
Book Designed by Shin Watanabe (PK2)
Translation by Stuart Munro
Project Cooperated by Rieko Takeishi
Publisher: Loftbooks (2017/9/11)
Language: Japanese & English
ISBN-10: 4907929234
ISBN-13: 978-4907929237
Pages: 80
Sizes: 25.7 x 18.2 x 2 cm
Price: 3,600 JPY (+tax)

70年代から東京のディープなロックシーンを追い続けてきた写真家・佐藤ジンによるイギー・ポップ

東京ロック / パンクシーンの最深部を70年代からファインダーに捉え続けてきた写真家、佐藤ジン。天国注射の夜と昼、ハナタラシのライヴハウス破壊、フリクション、 EP-4、PHEW、THE STALIN……東京ロックの「事件」は全て彼のカメラによって記憶 / 記録されている。そんな佐藤ジンが、1979年から秘かにイギー・ポップとのフォト・セッションを繰り返していた。写真家自ら “アクション・ポートレート”と名づける、Gin SATOHならではの貴重なイギー・ポップのポートレートが、いま、ここで初めて明らかになる。

Can Buy at:
AMAZON
TOWER
HMV
etc.