佐藤ジン写真展『WISH YOU WERE HERE
underground GIG 東京 1978-1987 /「都市鋲写」- URBAN RIFT ZONE』

京都にて、佐藤ジン写真展『WISH YOU WERE HERE -underground GIG 東京 1978-1987 / 「都市鋲写」- URBAN RIFT ZONE』が開催されます。

主催: green & garden + 佐藤ジン
日時: 4/17 (sat.) – 5/16 (sun.)
場所: green & garden (京都市中京区三条猪熊町645-1 / Phone: 090-1156-0225 / E-Mail: green_and_garden@ybb.ne.jp)
入場料: ¥500
入場特典あり

Gin SATOH

佐藤ジン(Gin SATOH)

写真家。1948年、宮城県仙台市生まれ。
20代に沖縄本島や離島に滞在、1972年の沖縄本土復帰直後の生活風景を撮影。
30代にはパンクロックを中心に国内・来日ミュージシャンを撮影、雑誌等で発表。
その後、暗黒舞踏、現代美術、人の姿を意図的に排した都市風景をテーマに加える。
アジア・ヨーロッパ各地を周り、世界の都市風景を撮影。2011年より東日本大震災とその復興の道筋を撮影し続けている。
2016年「FENTY×PUMA BY RIHANNA COLLECTION」に写真作品が採用、全世界で発売。写真展多数。

写真展に「東京ロッカーズ」(新宿オリンパスギャラリー / 1985年)、「Zoning」(新宿オリンパスギャラリー / 1989年)、「Collaboration」(銀座電通ADギャラリー / 1990年)、「舞踏脈3人展」(神保町オリンパスギャラリー / 1999年)、「無音地上津波痕画」(光州ビエンナーレ / 2011)、「“生きることがつくること” 東日本大震災復興展」(アーツ千代田3331 / 2012年)、「TOKYO Underground」 (Avant Art Festival Wroclaw / 2016年)、「Tokyo Underground Revisited」(Doomed Gallery London / 2016年)、「 Action Portrait: IGGY POP」(BOOKMARC / 2017年 )、「GIG」 (Uptown Koenji Gallery / 2017年)、「Parergon: Japanese Art of the 1980s and 1990s」 (BLUM & POE Los Angeles / 2019年)等。

写真集に『GIG』(1986年)、『都市風景』(1991年)、私家版『無音地上津波痕画 Silence Geoglyph that Tsunami Drew』(2011年)、『IGGY POP by Gin SATOH』(2017年)、『GIG – Koenji Edition』(2017年)等。

写真展開催場所MAP

green & garden (京都市中京区三条猪熊町645-1 / Phone: 090-1156-0225 / E-Mail: green_and_garden@ybb.ne.jp)

注意事項
・商品の準備数には限りがございます。完売の際はご了承ください。
・ご予約お取り置きは不可とさせていただきます。予めご了承ください。
・天災などの不測の事態により、販売を中止する場合がございます。